DRONE INDUSTRY NEWSDRONE INDUSTRY NEWS
KIZUNA MATRICE
INSPECTION SYSTEM

ドローン業界ニュース

2021-02-28

楽天、三重県・間崎島で自動飛行ドローンの人を介さない配送サービスを実施

楽天株式会社は、三重県志摩市の離島、間崎島において、自動飛行ドローンによる配送サービスを2021年1月6日~1月22日までの期間限定で提供した。

同サービスでは、同市内のスーパーマーケット「マックスバリュ鵜方店」から、本土より約4km離れた広さ0.36km2の間崎島にある「間崎島開発総合センター」まで、往復約11km間を自動制御により目視外飛行(レベル3飛行)し、商品を配送する。新型コロナウイルス感染症対策として、できる限り人を介さないサービスだという。

具体的には、注文手段として、自身でダウンロードする専用スマートフォンアプリもしくは同センターに設置するタブレットでの注文に加え、カタログを見て注文用紙を同センターにて自身で専用スキャナにより読み取り店舗に送信する方式、注文用紙を同センター閉館時にはポスト投函する方式を用意した。

受け取り時には、同センターに到着した自動飛行ドローンが自動で荷物を切り離し、注文者が人を介さずに商品を受け取れるようにしている。決済手段としては、現金のほか、同センターに楽天グループの実店舗向けキャッシュレス決済サービス「楽天ペイ(実店舗決済)」を導入し、主要なクレジットカードおよび電子マネーによるキャッシュレス決済を利用できるようにしている。

また、専用スマートフォンアプリから注文した場合は、同アプリ上で「楽天ペイ(オンライン決済)」による決済が可能。なお、同サービスは、対象となる間崎島の住民が、配送手数料500円(税込)で利用できる。

同サービス提供は、三重県が誰もが住みたい場所に住み続けられる地方都市を目指し、国内外の企業からアイデアを募集して開発のサポートや実証・社会実装の支援などを行う「クリ"ミエ"イティブ実証サポート事業」の認定を受け、三重県の支援のもと実施している。


2020年1月には、自動飛行ドローンによる間崎島への無人配送サービスの実証実験を行い、住民のニーズの調査や生活に合ったサービスモデルの構築、長距離配送を行う中での課題を検証した。その結果を踏まえ、期間限定によるサービス提供を実現することができたという。今後は、自動飛行ドローンを活用した恒常的な配送サービス提供の実用化を目指していくとしている。

コメント

ドローン配送サービスといえばこれまで、主に山間部や離島など、通常の方法では時間がかかる場所へ商品を短時間で運ぶことを目的に、サービスの開発が進められてきました。

しかし、コロナ禍の影響で需要が大幅に増え、今後は人材不足のカバーと非接触(コンタクトレス)の両面から、ドローン配送ビジネスの動きはますます加速すると見られています。

更には、現在有人地帯での目視外飛行(レベル4飛行)は国に認められていませんが、ライセンス所得などによって飛行可能になれば、より革新的なものに変わって行くことでしょう。
※ドローンの飛行形態(レベル)につきましては、下記の資料をご覧ください。
▷国土交通省資料「無人航空機レベル4の実現のため新たな制度の方向性」

街中でトラックの代わりにドローンが飛び交う日も、そう遠くはないかもしれません。